中電健保のプロフィール

中部電力健康保険組合は、昭和26年5月1日に設立され、現在、中部電力グループ32の事業所、約7万人(被保険者約3万人、被扶養者約4万人)が加入しています。

当健康保険組合は、保険給付、特定健診・保健指導の実施、人間ドック費用補助、事業主との協働事業の開催等、各種事業を通じ、サービス向上を図り、加入者にとってより身近な健康保険組合となることを目指しております。

※2021年7月よりオフィスカジュアルを導入いたしました。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

規約・規程集

沿革

昭和26年 設立
昭和27年 機関誌「けんこう」発刊
昭和35年 人間ドックの補助を開始(本人)
昭和38年 名古屋診療所を開設
昭和40年 健康保険料率を改定
昭和50年 人間ドックの補助を開始(家族)
健康保険料率を改定
平成13年 健康保険被保険者証のカード化が決定
平成15年 健康保険料率を改定(総報酬制導入に伴う改定)
平成18年 中部電力本店ビルより中部電力㈱東桜会館の現在の事務所に移転
平成21年 健康保険料率を改定
平成25年 健康保険料率を改定
平成28年 理念・スローガン・5つの基本方針を策定
機関誌「けんこう」から「みらい」に名称変更
名古屋診療所を閉鎖
平成29年 健康保険料率を改定
健康情報ポータルサイトPepUp(ペップアップ)を導入

事務所