個人データの第三者提供について

組合による個人情報の第三者提供のうち、次の場合は、被保険者・被扶養者の利益となるものまたは組合の膨大な事務負担を軽減できるものであるため、ご同意いただきたくお願い申し上げます。

  1. 高額療養費(高額な医療費が発生した場合の医療費の還付金)をご本人の申請に基づかず、事業主に個人情報を提供することにより支給すること。
  2. 付加給付(医療費等負担額の上乗せ給付金)をご本人の申請に基づかず、事業主に個人情報を提供することにより支給すること。
  3. 出産育児一時金等の現金給付を事業主に個人情報を提供することにより支給すること。
  4. 医療費と給付金のお知らせを被保険者・被扶養者に個別に通知するのではなく、世帯単位でまとめて被保険者に通知すること。健康情報ポータルサイトPep Up(ペップアップ)での医療費通知は、被保険者および被扶養配偶者に通知すること。
  5. ジェネリック医薬品促進のお知らせを被保険者・被扶養者に個別に通知するのではなく、世帯単位でまとめて被保険者に通知すること。

ご同意いただけない場合は、健康保険組合までお申し出願います。

中部電力健康保険組合 事務長

組合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供いたしません。ただし、次の場合を除きます。

  1. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
  2. 利用目的の達成に必要な範囲内において業務委託先に提供する場合。
  3. その他法令に基づき第三者に提供が認められる場合。

なお、次の場合は、第三者提供に該当いたしませんのでご了承願います。(個人情報保護法第23条)

  1. 組合の利用目的の達成に必要な範囲内で、業務を外部委託する場合。
  2. 合併その他の事由による事業の承継に伴い、個人データが提供される場合。
  3. 個人データを共同利用する場合。