特定健診

新しい健診では、保健指導が必要な人を抽出しやすくするため、メタボリックシンドロームを意識した内容へと見直されました。それに伴い、健診項目も一部変更されました。

特定健診項目

メタボリックシンドロームの判定基準である「腹囲」と、心血管危険因子の判定指標となる「LDL(悪玉)コレステロール」が新たに加わりました。

○:必須項目(◎は新規)、□:いずれかの項目を実施、△:医師の判断で選択的に実施

診察 質問(問診)
計測 身長
体重
肥満度・標準体重
腹囲
理学的所見(身体診察)
血圧
脂質 HDLコレステロール
LDLコレステロール
肝機能 AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
代謝系 空腹時血糖
尿糖
ヘモグロビンA1c
尿・腎機能 尿蛋白
血液一般 ヘマトクリット値
血色素測定
赤血球数
心機能 12誘導心電図
眼底検査

メタボリックシンドロームの診断基準

以下の2つの条件を満たしている場合にメタボリックシンドロームとみなされます。

  1. 腹囲(おへそ周り)
    男性85cm以上、女性90cm以上
  2. 下記①~③のうち2つ以上該当
    ①血糖:空腹時血糖110mg/dl以上
    ②脂質:中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満
    ③血圧:収縮期130mmHg以上または拡張期85mmHg以上

特定保健指導対象者の選定では、上記にBMI、質問項目(喫煙、服薬歴)が追加されるほか、血糖の基準値は空腹時血糖100mg/dlまたはヘモグロビンA1c5.6%(NGSP値)以上となります。