検査項目

血中脂質検査

HDL-コレステロール

血管壁に沈着したLDL-コレステロールを取り除いて肝臓に戻し、動脈硬化を防ぐ働きがあることから、善玉コレステロールと言われています。

LDL-コレステロール

細胞膜の成分やホルモンなどの材料として利用されます。血液中に多くなりすぎると血管壁に蓄積し、動脈硬化を促進して心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性を高めることから、悪玉コレステロールと呼ばれています。

中性脂肪

体内で最も多い脂肪で、エネルギー源となります。余分な中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。脂質異常症や動脈硬化による病気の診断に役立ちます。